Loading...

ABOUTコンクリート防食工事

コンクリート防食工事とは

コンクリート構造の水槽、水路、防液堤などは処理前の原水や海水・汚泥・薬品などの内容液の影響、発生するガスや細菌類の影響などの様々な要因で腐食・劣化し耐久性が低下していくことが知られています。そのようなコンクリートの腐食・劣化を抑制する技術の内、耐食性材料を用いてコンクリートなどの表面をライニング(被覆処理)する方法をコンクリート防食といいます。

弊社は45年以上にわたり、鹿児島県内の上下水道施設を中心に新設、改修のコンクリート防食工事を施工して参りました。

METHODS主な工法

調査診断・設計提案・施工などご相談ください。

  • 塗布型ライニング工法
    • エポキシ樹脂
    • 不飽和ポリエステル樹脂
    • ビニルエステル樹脂
    • 軟質ポリエステル樹脂・ビニルエステル樹脂複合
    • セラミックパウダー入りエポキシ樹脂
    • 超低臭ウレタンウレア・無機系複合
    • 防食・防水複合
  • 成型品後貼り型シートライニング工法
  • モルタルライニング工法
  • 劣化部除去工
  • 断面修復工

FACILIITIES対象施設

水槽の耐震化や事業継続計画(BCP)関連もご相談ください。

  • 上水道関連施設
  • 下水道関連施設
  • 入孔・特殊入孔
  • し尿処理施設
  • 集落排水処理施設
  • 浸出水・排水処理施設
  • 水産・水族館施設

2020 株式会社ダイヤモンド止水接着工業